ごあいさつ

おかげさまで58周年。
お客様の「笑顔と健康」をつくる。
それが寿食品の仕事であり喜びです。

鹿島社長の画像
鹿島社長の名前画像

創業58年を迎え。
当社では今日まで、お得意様に支持され、お取引業者様に支えられ、又、多くの先輩社員、そして社員皆様方のお陰で作り上げた、58年間食中毒事故を発生させていないという、無事故の実績をこれからも継続させる事は勿論の事、その間に得た信頼と信用をもとに、これからも着実に一歩づつ拡大出来ればと考えると共に、関係者の皆様方には心より感謝いたしております。

どのようにしたら、お客様に喜んでいただけるか?
「給食サービス」とは、集団給食において給食会社によって行われるお客様に対する食事提供業務のことを意味しますが、現在では業務の範囲も広がり単に食事を提供するばかりでなく、それに伴って行われる接客サービスの質やお客様の食事環境の改善・向上等に資する多種多様なサービスが含まれます。 「集団給食」は、不特定多数の顧客を相手にする営業給食とは異なり、毎日特定の人を対象に小学生の学校給食、会社等の事業所給食を喫食者に対して、「安全・安心・健康に配慮した食事を継続的に提供」するという、人・企業・社会の活力を食生活の面から支えるという重要な役割を担っております。 昨今では、お得意様の福利厚生の一環として、成人病予防対策を始め健康に配慮した食事の提供や食事を通じた健康管理の面でも、私たちは取り組んでおります。 例をあげれば、給食食材の原産地情報、栄養成分情報、アレルギー情報、喫食者の栄養管理や健康相談等のサービス等です。 このように私たちは、どのようにしたら、お客様に喜んでいただけるか? お客様のご期待にこたえられるか? 環境に優しく・エネルギー効率があげられるかを考えながら行動します。「お客様のおいしいが、私たちのうれしいに」を常に目指します。

地球に優しく、人に優しい企業へ。
この58年は更なる飛躍に向けての通過点として考え、本年は ISO14001 を取得し、先ずはより地球に優しい食堂運営を考えて行き、人に優しい企業を心がけて行きたいと思っています。 最後になりますが、生物界では強い者が生き残るのではなく、変化に対応出来る者が生き残れると良く言われますが、企業経営においても同じだと思います。 温故知新を心がけ、常に創業者の心を忘れずに経営していくことを目標として、全社員と気持ちを一つにして、これまでの長い歴史に恥じぬように次代へつなげて行きたいと考えておりますので今後も変わらぬご支援とご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る